FC2ブログ

記事一覧

J.A.M Cream/I SCREAM(1992)

J.A.M Cream/I SCREAM(1992)

ジャムクリーム




謎のユニット。クレジットが乏しくネットにもほとんど情報がありませんがビーイングの企画モノのユニットだったようです。ほとんどの曲をWANDS脱退直前の大島康祐が手がけている。
例えば1曲目など、森川美穂が歌えば突き抜けたライトメロウになりそうな曲もあったりするが、ちょっと自信なさげなボーカルがダブルで終始重ねられていたりすると一気に胡散臭さや企画モノ臭がしてしまう。(調べたところ、ボーカルは青木小緒里という元アミューズのアイドルグループの人らしい)。シティポップの死というかJPOPの誕生というかそんな空気をほのかにまとったアルバム。CDジャーナルいわく、「テクノ・ポップ、ユーロビートにドリカム的な歌謡性をのせた、出るべくして出たバンドって感じ。」とのこと。(hikaru yamaha)

1. Hapy Time, One More Time
作詞:原果里 作曲・編曲:大島こうすけ
2. Sunshine
作詞:原果里 作曲・編曲:大島こうすけ
3. Song Forever
作詞:原果里・岩切玲子 作曲・編曲:大島こうすけ
4. 最期のShade of blue
作詞:小田佳奈子 作曲:清岡千穂 編曲:寺尾広
5. 冬のラプソディー
作詞:小田佳奈子 作曲・編曲:大島こうすけ
6. さよならMiss Loney
作詞:青木小緒里 作曲:MILK 編曲:寺尾広
7. 19番のタンゴ (smile ver.)
作詞:長戸大幸 作曲:吉江一男 編曲:葉山たけし
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.