FC2ブログ

記事一覧

浜本沙良/トゥルース・オブ・ライズ(1995)

20190106090035bc1.jpeg

「マイルドな心地よさと、ソリッドなグルーヴ感溢れる 浜本沙良洗練の2ndアルバム」

モデル・歌手の浜本沙良(後にsarahに改名)の2ndアルバム。シティポップ的だが少し冗長な印象を受ける1st『Puff』より洗練度合いを強めることによって、キリリと引き締まり、前作の難点を克服。まさに上記の帯文に偽りなしの90年代シティポップの良盤となった。

肝心のコンポーザーだが、10曲中8曲を羽場仁志が担当しているので何の心配もいらない。アレンジには名人・有賀啓雄が全面参戦という鉄壁ぶり。演奏面では、ドラムの宮田繁男、ピアノの塩谷哲、ギターの佐橋佳幸、彼らの貢献が大きい。

オープニングの「enfin」がラテン・ディスコで熱くさせた身体を、続く文字通りのクールメロウ「COOL WATER」で冷ます流れにまずニッコリ。これだけでも十分だが、冷水を浴びた身体に染み込むはキラートラック「What is Love」。90年代にこんなアーバン・メロウ・グルーヴが堪能できるなんて誰が思うだろうか。この一曲だけで買う価値ありと言っていいだろう。これは嘘ではなく、真実です。(バル)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント