FC2ブログ

記事一覧

ズボンドズボン/扉(2005)

rkgitryjdho.jpg


ラグフェアーのフロントマン土屋礼央がラグフェアーの活動と並行して在籍していたバンド。ジャズ、ソウル、ファンクを内包し、かつ軽妙さと抜群のポップス感性を披露したミニアルバム「スカート」、それらの要素に加えて渋谷系、ソフトロックの影響も見せた最高傑作アルバム「ローライズ」、ちょっとJ-POPに寄り過ぎたけどインディーズ時代の残り香も匂わせたメジャー1st「ロングスカート」、そしてこの2ndアルバム「扉」は少しインディーズの雰囲気に回帰して大人びたポップスが増えたという印象。(結構メンバーチェンジが激しいのでアルバム毎に嗜好が変わってしまうのは仕方ないかも。)全体的に粒揃いで、「knock! knock!」は軽快でファンキーだし、ど真ん中どメロウな「恋残暑」、アーバンなファンクロック「答え」等々。このバンドがあまり注目を浴びてなくて残念。すごく良いバンドだと思う。どのアルバムも108円とかで投げ売りされていて全然珍しくないから入手も簡単で、最高。(ハタ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント