FC2ブログ

記事一覧

大上留利子/Heart Pain〜心斎橋に星が降る〜(1995)

1A0F0EE8-BE2E-4B23-BAD8-25B74BE07763.jpeg


「クイーン・オブ・ソウル」の異名を持つ、大阪出身のソウルシンガー・大上留利子が90年代に出した唯一のアルバムがこの『Heart Pain』である。彼女のアルバムでは『TYPHOON LADY』や『DREAMER FROM WEST』が人気だが、こちらのアルバムも無視できない。Paul Jackson Jr.やMichael Landau、David T. Walkerが参加していると聞いたら貴方もこのアルバムのことが気にかかるだろう。しかし、意外とアレンジは控えめ。飽くまで主役は大上留利子の歌声ということだ。
 全9曲のうち6曲はカバーであるが、これまた選曲が渋い。憂歌団、八田雅彦、山下久美子、ERINAそして当山ひとみ(PENNY)の楽曲が取り上げられている。本アルバムのプロデューサーである康珍化と兼松光が関わった人たちの楽曲から選んだ形になる。特にPENNYのカバーに関しては、兼松光の強い意向が感じられる。歌のヘタクソな人がPENNYをカバーするのは不可能であるが、そこは大上留利子、余裕さえ感じられる歌唱を聴かせてくれる。とにかく名曲M7を聴いて欲しい。彼女の歌声に圧倒されること請け合いだ。ERINAの『Peter Panic』に収められているM4も軽快なアレンジが心地よい一曲である(男女の情愛を歌った歌詞は結構湿っぽいが)。オリジナルの楽曲で目を引くのはM8で、関西弁で歌われるソウルバラードの傑作。関西弁の歌というと上田正樹の「悲しい色やね」が思い浮かぶ人もいるだろう。両方とも康珍化の作詞だしね。元々この曲は近藤真彦が歌う予定だったらしいが果たして本当なのだろうか。個人的には彼女が歌って正解だったと思う。

①胸が痛い
②言い出しかねて
③あなたのような夕暮れが
④こんな雨の日に抱かれたら
⑤聞いててや
⑥雨の日は家にいて
⑦CATHY
⑧心斎橋に星が降る
⑨SOMEDAY



Heart Pain" is the only album released in the 1990s by Osaka-born soul singer Ruriko Ohgami, also known as the "Queen of Soul. Her most popular albums are "TYPHOON LADY" and "DREAMER FROM WEST", but this album should not be ignored either. When you hear that Paul Jackson Jr., Michael Landau, and David T. Walker participate in this album, you might be interested in it. However, the arrangements are surprisingly modest. The star of the show is Ruriko Ohgami's voice. Of the nine songs, six are covers, and again, the selection is austere. Songs by Yuukadan, Hatta Masahiko, Yamashita Kumiko, ERINA, and Toyama Hitomi (PENNY) are featured. This album's producers, Chinfa Kang and Hikaru Kanematsu, were involved in the selection of the songs. Especially for the PENNY cover, I can feel Kanematsu Hikaru's strong intentions. It would be impossible for someone who is not a good singer to cover Penny, but Ruriko Ohgami sings the song with a sense of ease. Just listen to the masterpiece M7. M4 from ERINA's "Peter Panic" is also a pleasant song with a light arrangement (although the lyrics about the love between a man and a woman are quite humid). M8, a masterpiece of soul balladry sung in Kansai dialect, caught my attention among the original songs. Some people may think of Masaki Ueda's "Sad Colors," a song sung in Kansai dialect. Both songs were written by Chinfa Kang. I heard that this song was originally supposed to be sung by Masahiko Kondo, but I wonder if this is true. Personally, I think it was the right decision for her to sing it.
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.