FC2ブログ

記事一覧

崎谷来未/ 水中飛航 (2004)



水面から顔を出すジャケット。例えば、菊地桃子「Adventure」、中里あき子「Mel」。そう数が多いわけでもないけれど、妙に強い印象を残すそれらは、セイレーンさながらCDを取った人をレジの方へと誘惑する。

崎谷来未は下北沢を拠点にゼロ年代に活動していたSSWで、本1stと2nd「カレイドスコープ」の2枚を少なくともリリースしているようだ。帯のアオリは「日本のR&Bとジャズの新世界へあなたを誘います」。

まるで洒落のようだが、「崎谷」健次郎と倖田「來未」を足して3で割ったような内容。安っぽいシンセと打ち込みに乗った倉木麻衣@カラオケな歌い方。つまるところゼロ年代のJ-POPで、ボカリゼーションもお世辞にも上手いとは言えない。何を旨味に感じたかと言えば、やはりその安っぽいシンセおよび打ち込みである。相対化を延々リピートしてきた耳にはそこそこ美味しく頂ける。それと、ジャズとR&Bということで比較的ライトメロウに寄った曲調であることも効いているのだろう。大半の曲をプロデューサーである奥井友康なる人物が作編曲していて、トラックによっては作品番号が振られている(自分はこの表記の仕方は初めて見た)。

Avexなハウスビートだがメロディは80年代なM2、シンセの浮遊感は確かに表題の如くインザウォーターR&BのM4といった序盤を抜け、中盤に差し掛かると突然打ち込みがロスト。生音バンドによるジャズ風にスイングしたライブパフォーマンスに切り替わり不意をつかれる。このライブ、実はバークリーで1990・91年に録音されたものらしい。その上に崎谷が歌を重ねている……ということなのだろうか?疑問符が浮かぶも、終盤になると妙に90年代シティポップっぽさが上昇。ソウル感のあるM11、グラウンド・ビートのM12、NJSシティポ風M15、そしてクリアなベル音でチルアウトが促されるバラードM16でクローズ。

曲数が多い&アレンジのメリハリが薄いため通して聴くのが難しいのだけれど、飛ばし飛ばしでなら悪くない。ポテンシャルを導けるアドバイザーが入っていたらば、あるいは化けたのではと思ったが如何に。

1. Groove Wind (作詞・作曲:崎谷来未/編曲:奥井友康)
2. Coi Girl Magic (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
3. 海底都市 (作詞・作曲:崎谷来未/編曲:奥井友康)
4. 水中飛航 (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
5. 時の砂 (作詞・作曲:崎谷来未/編曲:奥井友康)
6. Tender Times (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
7. P.M. Dance (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
8. Borei ラビリンス (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
9. Wawawawa Blues (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
10. 土曜の夜の青い惑星 (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
11. Tender Snow (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
12. Inside Outside (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
13. 流星 (作詞・作曲:崎谷来未/編曲:奥井友康)
14. Smell and Lips (作詞・作曲:崎谷来未/編曲:奥井友康)
15. Take me fly away (作詞:崎谷来未/作曲・編曲:奥井友康)
16. Flame (作詞・作曲:崎谷来未/編曲:奥井友康)
17. (Secret Track)




A jacket that appears out of the water. For example, Momoko Kikuchi's "Adventure" and Akiko Nakazato's "Mel." There are not that many of them, but they leave a strangely strong impression, tempting the person who picked up the CD like a siren towards the cash register.

Kumi Sakiya is a Shimokitazawa-based SSW who was active in the '90s, and seems to have released at least two CDs, this first one and the second one, "Kaleidoscope. The band's obi says, "We invite you to a new world of Japanese R&B and jazz.

It may sound like a pun, but it sounds like Kenjiro Sakiya and Kumi Koda added together and divided by three. The song is sung like Mai Kuraki at karaoke over cheesy synths and beats. In short, it's 2000's J-Pop, and the vocalization is not very good. What made it so good was the cheesy synths and drumming. It's a bit tasty for ears that have been listening to relativization on repeat. Also, the fact that the songs are relatively light and mellow, being jazz and R&B, may have helped. Most of the songs are written and arranged by the producer, Tomoyasu Okui, and some of the tracks are numbered (I've never seen this notation before).

After the first part of the song, which has an Avex-like house beat but an 80's melody (M2), and an in-the-water R&B feel (M4) with floating synths (as the title suggests), the beat suddenly disappears in the middle part of the song, and a live performance with a live band swinging in a jazz style (?) starts. I was taken by surprise. It seems that this live performance was actually recorded at Berklee in 1990/91. Is it possible that Sakitani sang on top of the recordings on ......? A question mark came to my mind, but towards the end of the song, the 90's city pop feeling strangely increased. The album closes with M11 with a soul feel, M12 with a ground beat, M15 in the style of NJS City Pop, and M16, a ballad with a clear bell sound that encourages chill-out.

It's difficult to listen to the whole album because of the large number of songs and the lack of clarity in the arrangements, but it's not bad if you skip around. I thought it might have been better if there was an advisor who could guide the potential of the song, but I don't know.

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.