FC2ブログ

記事一覧

大津あきら/デリカシー(1989)

9t85ujhdierj.jpg

作詞家である大津あきらの2ndアルバム。オリジナルレコードは1982年発売。ジャケットはまるで編集盤かのような匿名性の高い雰囲気が漂うが、れっきとしたオリジナルアルバムである。大津あきらの歌唱は、いかにもソングライターシンギングといった趣で、場末のカラオケ喫茶で腹に力込めずに歌うおじさんの歌声といった様子。要するに聴くに値しないという意味だ。肝心の楽曲は、AORと呼称するには野暮ったくて、ムード歌謡だとしたら洗練され過ぎている。どっち付かずな内容。70年代のシンガーソングライター物の雰囲気もある。ここまでこき下ろす程悪くも無いが、シティポップとしての良さがあるとは言い切れず、あまりオススメは出来ない。
目撃頻度はとても低いです。値上がり気味だがそこまでの価値があるとは思えない。

(The 2nd album of Akira Otsu, a lyricist. The original record was released in 1982. The jacket has a highly anonymous atmosphere as if it were an editing album, but it is a definite original album. Akira Otsu's singing is like a songwriter singing, and it looks like an uncle's singing voice at a karaoke cafe at the end of the venue. In short, it means it's not worth listening to. The essential songs are too unsophisticated to be called AOR, and too sophisticated if they are mood songs. Contents that do not stick to either. There is also the atmosphere of a 70's singer-songwriter.It's not as bad as it gets down to this point, but I can't say that it's good as a city pop, so I can't recommend it very much.
The frequency of sightings is very low. The price is on the rise, but I don't think it's worth it.)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.