FC2ブログ

記事一覧

The Comingsoon!/ Melting Pot (1994)



80年代に活動していた人気アイドル歌手の姫乃樹リカ。90年代には西邑理香と芸名を改めており、発表したアルバムの名義は、「西邑理香」→「西邑理香 with Coming Soon!」→「The Comingsoon!」 と一枚ごとに変遷している(Comingsoonというのは彼女の組んだユニット名)。だが、その変化の意味を問いただしたいほどに作風は全くぶれず、どのアルバムを手に取っても中庸な往年のアイドルポップ〜ガールポップばかりで、シティポップを求めてはいけないのだった……。ディグとは痛みを伴うもの、努忘れてはならぬ。

最終作にあたる本作も例外ではなく、LA録音でDavid T. Walkerをはじめとする手練れが揃っているというのに、大半がそのアドバンテージを殺したような内容。Why? ジャケット裏にパームツリーの写真をあしらう資格、ないでしょう?口をついて出そうになる罵詈はしかし、作曲が山口美央子の微風メロウM3「Morning Kiss」と渕上祥人のソウル調都市散歩ミディアムM8「時計を捨てて」(フルートがHubert Laws!)を前に飲み込まれる。シティポップとして申し分ない、心さらら・心うふふ(裏ジャケの英文より抜粋)な素敵な2曲。彼女が披露した一握のライトメロウナンバーであり、バックファイアによるディグ創痍を癒すに十分な完成度。いや、二つで十分じゃないですよ。アルバム全編もしこの路線だったら、と……。ディグとはままならないもの、努忘れてはならぬ。


1. もしも 〜IF〜 (作詞:西邑理香 作曲:松田良 編曲:Gemeinschaft)
2. ともだち 〜HELPING HAND〜 (作詞:西邑理香 作曲:佐々木孝之 編曲:Gemeinschaft)
3. モーニング・キッス 〜CAN YOU FEEL IT?〜 (作詞:西邑理香 作曲:山口美央子 編曲:Gemeinschaft)
4. 太陽が眩しかったから 〜SHINE ON ME〜 (作詞:西邑理香 作曲:松田良 編曲:Gemeinschaft)
5. 私のせい 〜IT'S MY FAULT〜 (作詞:西邑理香 作曲:佐々木孝之 編曲:Gemeinschaft)
6. 優しい人 〜WAITING FOR YOUR LOVE〜 (作詞:西邑理香 作曲:岡田正浩 編曲:Gemeinschaft)
7. SONG FOR ME (作詞:西邑理香 作曲:松田良 編曲:Gemeinschaft)
8. 時計を捨てて 〜THROW AWAY〜 (作詞:西邑理香 作曲:渕上祥人 編曲:Gemeinschaft)
9. 水曜日はハーブで 〜WEDNESDAY'S HARB〜 (作詞:西邑理香 作曲:田光誠 編曲:Gemeinschaft)
10. EVER LASTING LOVE (作詞:西邑理香 作曲:渕上祥人 編曲:Gemeinschaft)




Rika Himenoki was a popular idol singer in the 80's. In the 90's, she changed her stage name to Rika Nishimura, and the name of each album she released changed from "Rika Nishimura" to "Rika Nishimura with Coming Soon! (Comingsoon is the name of the unit she formed). However, her style never wavered to the point where I wanted to know the meaning of the change, and no matter which album I picked up, it was all mediocre idol pop or girl pop from the past, so I shouldn't have been looking for city pop among them. ...... Digging is a painful thing, don't forget that.

This last album is no exception, as it was recorded in LA and features David T. Walker and other talented musicians, but most of the content seems to have killed the advantage. Why? No deserving to fix a picture of palm trees on its jacket. But this abuse is swallowed up by the mellow M3 "Morning Kiss" (composed by Mioko Yamaguchi) and the medium soul-tinged urban stroll M8 "Clock Wo Sodatte" (flute by Hubert Laws!). These two songs are perfect as city pop songs, and they are wonderfully heartsoothing and heartwarming. It's a handful of light mellow numbers that she performed, and it's perfect enough to heal the dig wounds from the backfire. No, two is not enough. If the whole album had been in this vein, I would have gone to ....... Don't ever forget that digs are unpredictable.
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.