FC2ブログ

記事一覧

wild flower/月とベンチ(1997)

wildflowertsukitodrive2.jpg

wild flower(ワイルド・フラワー)は、ファンハウス内のイルなソウルレーベル、Rhythm Suiteに所属していたソウル系ポップユニットで、メンバーは松浦恵(後のテリー&フランシスコのフランシスコ松浦)、西山恵美子、玉盛邦則の3人組。90年代シティポップリスナー的には聖典『Light Mellow 和モノ Special』に掲載されているアルバム『mooneater(1996年)』でお馴染みのグループだが、ここでは、アルバムリリースの翌年に発表された2ndシングルについて紹介したい(アルバム未収録)。
アルバムは松浦による打ち込み主体のクールなUKソウルテイストが印象的だったが、こちらのシングルでは生バンドに路線変更し、よりシティポップリスナー好みの内容となっている。

①「月とベンチ」がとにかく最高。夕暮れ時のサウダージ感たっぷりのミディアムダンサーで、無機質な印象があった西山のボーカルがボーイッシュでキュートな歌声に変化しているだけでなく、ブリッジのドラマティックな展開もエモーションを刺激する。同時期に活動していたプラチナム900とシンクロするような、もっと言うと、プラチナム900の未発表曲?などと宣ってしまいたくなるような素晴らしい内容。後年クラシック化する可能性が十分にある名曲だと個人的には思うので、アルバムがピンと来なかった人もチェックしてみてほしい(ただ一点、歌詞の中で「マヨネーズ色のベンチ」という謎のフレーズが3回も出てくるのだがマヨネーズ色って何?そもそも歌詞でマヨネーズが出てくること自体が非常に稀だと思うのだが…キューピーのCMタイアップ狙いだったりしたんだろうか。)

②「WORK TO DO」はアイズレー・ブラザーズのフリーソウルクラシックのハイテンポなカヴァー。目新しさは無いが、①と③の間に挟まって、お寿司のガリ的な口直し機能を充分に果たしている。

③「Good Musicをきかせて (version 2.0)」は①の方法論でアルバム収録曲「Good Musicをきかせて」を生音でリアレンジしたもの。めまぐるしくバックトラックが変化していく原曲もなかなか良かったが、リアレンジによってメロディの良さ、地力が際立っており、個人的にはこちらのヴァージョンの方が好み。

ちなみに同年リリースされた3rdシングル(もちろんアルバム未収録)も素晴らしいので是非。(F氏)


① 月とベンチ(words: Michiko Koyanagi / music:Megumi Matsuura)
② WORK TO DO (written by R.Isley,O.Isley,R.Isley)
③ Good Musicをきかせて (version2.0) (words: Michiko Koyanagi / music:Megumi Matsuura)

All songs produced & arranged by Megumi Matsuura

FHCF-2354



===
wild flower is a soul pop unit that belonged to Rhythm Suite, an ill soul label in the fun house, and its members are Megumi Matsuura (later Terry & Francisco's Francisco Matsuura), Emiko Nishiyama, and Kuninori Tamamori. A trio of Japanese rules. As a 90's city pop listener, the group is familiar with the album "mooneater (1996)" published in the scripture "Light Mellow Wamono Special", but here is the 2nd single released the year after the album was released. I want to introduce it (not included in the album).
The album was impressive with a cool UK soul taste that was driven by Matsuura, but in this single, the route was changed to a live band, and the content is more like city pop listeners.

① "Moon and bench" is the best anyway. A medium dancer with a lot of saudade at dusk, Nishiyama's vocals, which had an inorganic impression, have changed to a boyish and cute singing voice, and the dramatic development of the bridge also stimulates emotions. An unreleased song of Platinum 900 that synchronizes with Platinum 900 that was active at the same time? Great content that makes you want to say something like that. I personally think that it is a masterpiece that has a good chance of becoming a classic in the future, so please check it out even if the album didn't come to you (only one point, the mystery of "mayonnaise-colored bench" in the lyrics. The phrase appears three times, but what is the mayonnaise color? I think it's very rare that the mayonnaise appears in the lyrics in the first place ... I wonder if it was aimed at the CM tie-up of Kewpie .)

② "WORK TO DO" ​​is a high-tempo cover of The Isley Brothers' free soul classic. It's not novel, but it's sandwiched between ① and ③, and it fully fulfills the sushi's gully-like retouching function.

③ "Good Music Kisete version 2.0" is a rearrangement of the album song "Good Music Kisete" with live sound using the methodology of ①. The original song, whose backtrack changes rapidly, was also quite good, but the goodness of the melody and the ground power are outstanding due to the rearrangement, so I personally prefer this version.

By the way, the 3rd single released in the same year (not included in the album, of course) is also wonderful. (Mr. F)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.