FC2ブログ

記事一覧

The END of the WORLD / 優しい繋がり (1995)


元Pizzicato Ⅴの鴨宮諒とYokoによるユニットの95年のアルバム。Gtに窪田晴男が参加。Yokoの独特なデッドで低めで清廉なヴォーカルが印象的。T1はボサノバ風のミドルチューンで、清水Charlesの豊かなオルガンと窪田晴男のスパイシーなギターが良い。T2は高波敬太郎作曲。跳ねたリズムとYokoのデッドなvoの相性が不思議で、テンションが上がりきらない感じがする。同じく高浪作曲の中山忍の『ペパーミントレインボー』と似たような曲調だが、少しアンニュイなアレンジとYokoのヴォーカルによって別物に仕上がっている。個人的フェイバリット。T7はPizzicato Ⅴの『七時のニュース』のカバーだが、佐々木麻美子を意識しているのか、他に比べてヴォーカルに表情がある。ポップスも渋谷系も通過しているが、全体的に落ち着いたトーンで、ケルカン(Quelqu'un)が好きな人におすすめしたい(こちらは窪田晴男がメインの男女ボサノバユニット)。

1 高い空の街(作詞:岩城由美/作曲:鴨宮諒)
2 THE RAINLOVER(作詞:谷理佐/作曲:鴨宮諒)
3 優しい繋がり(作詞:渡辺水帆子/作曲:鴨宮諒)
4 七時のニュース(作詞:小西康陽/作曲:鴨宮諒)
5 海からの贈り物(作詞:平野恵美子/作曲:鴨宮諒)
6 イリュージョンズ(作詞:岩城由美/作曲:鴨宮諒)
7 ADIOS! ADIOS!(作曲:鴨宮諒)
Produced&Arranged by The END of the WORLD

ALCA-5033 STERO
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.