FC2ブログ

記事一覧

UNIPEGA/SUPER GIG(1989)

UNIPEGA20200425.jpg

 俳優・渡辺裕之を、余技とは到底言うことができないほどの腕前を持つ達者なドラム奏者としても認知しているという人は、そう多くないだろう。10歳の時にボーイスカウトで太鼓を叩いたのをきっかけとして打楽器に魅了されたというが、中学時代には早くもジャズドラマーとしてクラブで演奏を行っていたというのだから、本物の筋金入りである。さらに高校からはフュージョンに開眼、「サンチエゴ」というバンドに加入しセミプロ的な活動をしていた。大学へ進学してからも熱心に音楽へ打ち込む生活だったようだが、卒業後その端正なルックスゆえに俳優としても本格的に活動を開始、コカコーラのテレビコマーシャルを経てついに「ファイトー!」「イッパーツ!」でブレイクを果たす。
 その後は俳優業で多忙な日々を送りつつも、ドラマーへの夢を捨てきれずにいたところ、87年に村上“ポンタ”秀一と出会い、音楽演奏への熱が再燃。翌年、ベーシストの水野正敏(MIZUNO METHOD他)、ギタリストの辻邦博(Early Birds他)、キーボーディストの大徳俊幸(ジョージ大塚クインテット、古澤良治郎グループ他)という強靭なメンツとともに、本バンドUNIPEGAを結成し、更に89年本作を(おそらく自主)リリースするに至った。
 「俳優の演奏するフュージョン」というと、いかにも模範的/趣味的なものが予想されるが、渡辺はじめメンバーの音楽遍歴と志の高さによって、ただそのプレイアビリティをひけらかすだけの単純な内容は周到に避けられ(といいつつ、もちろん渡辺含め皆相当に巧い)、音楽的にも充実した内容となっている。フレットレスベースやシンセサイザー、各種パーカッションなどがセンスよく配置されるため、音響的な面白さも相当にあり、全体に「バレアリックフュージョン」といってよいある種のコンテンポラリーな感覚も横溢している(もやのようなリヴァーヴが全体を覆っており、そのあたりのイコライジング・センスも好ましい)。多くの曲で、シンセサイザー(ギターシンセサイザー?)の細やなフレーズが反復することで、ミニマルミュージック的な品格を備えてもいる。そういった点で、パット・メセニーの80年代作品のような清涼感もあり、メンバーの硬派な音楽観が伺える。
 何曲かピックアップしてみよう。②は冒頭のギターフレーズがもろにスティーブ・ライヒ作「エレクトリック・カウンターポイント」で、嬉しくなってしまう。そのままメロウなミディアムフュージョンに流れ込む心地よさ。③もアクセント的に使用されるシンセのクリスタルなトーンが素晴らしいソフトフュージョン。トライバルなパーカッション/ドラムがアイデアフルな変拍子曲⑤。灼熱の(けれどどこかクールな)ソフィスティケートサンバ⑦、唯一のヴォーカル(というかコーラス)入り曲⑧もブラジリアンな風情だ。そして、スティール・パン(プリセットのシンセ)がトロピカルな風を運ぶ⑨でアルバムを締める。楽曲は全て渡辺を含めたメンバーのオリジナルで、腕達者に筆達者とはこのことだ。ジャケットにはいかにもアマチュアっぽいチープさがあるが、それも含めて愛おしい。
 渡辺のはじめ各メンバーの多忙もあり、パーマネントな活動に発展することはなかった本バンドだが、このクオリティを考えると、もう一作くらいは聴いてみたかった気がする。アナログ盤を中心としてこの間ディガーからも熱い注目を集めたジャパニーズフュージョンだが、こういった名盤が隠されていることを思うと、CD時代に渡ってまだまださらなる掘りしろがあると思わされる。
 ちなみに、渡辺裕之のドラマーとしての近況だが、直近でも星野源「うちで踊ろう」とセッションした動画を挙げるなど、折に触れて活動を続けている模様だ。

1.D.G(作曲:水野正敏、辻邦博)
2.SENSE(作曲:渡辺裕之)
3.SEA BIRD(作曲:水野正敏)
4.STEP IN WIMBLEDON(作曲:水野正敏)
5.FOR SQUAE(作曲:渡辺裕之)
6.PHPEBE(作曲:辻邦博)
7.ASLAS.(作曲:渡辺裕之)
8.CITY =S・T・E・L・L・A=(作曲:水野正敏、作詞:Mary Jane Adams)
9.MATRIX(作曲:渡辺裕之)

サウンド・プロデューサー:水野正敏
アレンジ:UNIPEGA




Not many people recognize actor Hiroyuki Watanabe as an accomplished drummer with a skill that could hardly be described as an afterthought, having been fascinated by percussion since he played drums in the Boy Scouts when he was 10 years old, and as early as junior high school, he was playing in clubs as a jazz drummer, a real hardcore player. In high school, he discovered fusion and joined a band called "San Diego" and played semi-professionally. After graduating from college, he started to work as an actor because of his neat looks, and after a TV commercial for Coca-Cola, he finally got a chance to work on "Fight!“ “Ippatsu!” He made his break with.
 In 1987, he met Shuichi "Ponta" Murakami, who rekindled his passion for music performance, and in the meantime, he was unable to give up his dream of becoming a drummer. The following year, they formed this band UNIPEGA with a strong lineup of bassist Masatoshi Mizuno (MIZUNO METHOD and others), guitarist Kunihiro Tsuji (Early Birds and others), and keyboardist Toshiyuki Daitoku (George Otsuka Quintet, Ryojiro Furusawa Group and others), and released this album (probably independently) in 1989.
 However, thanks to the musical history and high aspirations of Watanabe and the rest of the band members, this album has been carefully avoided from simply showing off their playability (though, of course, all of them are quite good at it) and is musically rich in content. Fretless bass, synthesizers, and various percussions are sensitively arranged, so there is a great deal of sonic interest, and a kind of "Balearic fusion" contemporary sensibility is overflowing throughout (mist-like revives cover the whole album, and the sense of equalization is also desirable). In many songs, the synthesizer (guitar synthesizer?) It also has a minimal flavor, with the repetition of the slender phrases of the song's lyrics. In that respect, it has a refreshing air of Pat Metheny's 80's work and shows the members' hardcore musical views.
 Let's pick up a few songs. The guitar phrase at the beginning of the song (2) is entirely Steve Reich's "Electric Counterpoint", which makes me happy. It flows into a mellow medium fusion with a pleasant feeling. 3) is also a wonderful soft fusion with crystal synth tones used as an accent. Tribal percussion and drums are full of ideas. The scorching (but somehow cool) sophisticate samba (7) and the only song with vocals (or rather chorus) (8) also have a Brazilian flavor. The album closes with 9, where a steel pan (preset synth) brings a tropical breeze. The songs are all original by the members, including Watanabe, and this is what makes them so skilled at writing. The jacket has a cheesy, amateurish feel to it, but I love it all the same.
 The band didn't develop into a permanent band due to the busy schedule of Watanabe and the rest of the members, but considering the quality of the album, I would like to listene to at least one more album. Japanese fusion has attracted a lot of attention from Digger in the past few years, mainly for its analog recordings, but there is still much more to be discovered in the CD era, considering the fact that such masterpieces are hidden.
 As for Hiroyuki Watanabe's recent activities as a drummer, he seems to be continuing his activities from time to time, including a video of his session with Gen Hoshino's "Uchi de Odorou".(Shibasaki)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.