FC2ブログ

記事一覧

小林健/ Warm Breeze (1988)

warm breeze

シズルなシティポップ貴公子、小林健が1stと2ndアルバムの後にリリースした、4曲入りの8cmシングル。最初の3曲を大谷和夫、ラストトラックを鈴木茂が編曲しており、エネルギッシュなサウンドはWarmという以上にHot。

アップテンポな疾走速度で幕開けるM1。「夏に向けてアクセル 踏み込むフリーロード」のという歌詞の出だしとシンクロするように、快活なブラスセクションのスタッカートによって聴き手のテンションは強制的に即上げ。ラジオDJ風のスキット挿入と泣きのギターが気分を加速させる。ディスコティックにベースが闊歩するM2では、開けた夏の青空へ繰り出せよと軽快なストリングスとラテンなパーカスが囃し立てる。情景は夜の都会に変わり、思い出となった夏に思いはせるムーディでソローな失恋歌謡M3を経て、80s感が一番強いバラーディなサマーポップM4で締め。

ブギーやテクノポップ感の角度できらりと光る…そんな印象の強い人物だと思われるが、このシングル中ではシンセサイザーは鳴りを潜めており80年代後半の薄っすらしたリバーブも控え目で、70s後半〜80s初頭と言われたらそう信じるかもなサウンドだ(ドラマ「探偵物語」のサウンドトラックにおける大谷和夫の仕事を連想されたし)。いわゆる今の耳にこそジャストフィットというのとはまた違うし、アルバムサイドで垣間見られる新鮮なアーバンネスには欠けるかもしれない。しかし、元来のシティポップ視点からすればストライクゾーンの真ん中なのであり、全曲ともクオリティは高い。小林健神話に一点の曇りなしと言って差し支えないだろう。

1. SWING HEART (作詞:国分広城 作曲:小林健 編曲:大谷和夫)
2. Peppermint Fragrance (作詞:国分広城 作曲:小林健 編曲:大谷和夫)
3. CRYIN’ SUMMER (作詞:小林和子 作曲:小林健 編曲:大谷和夫)
4. WARM BREEZE(抱きしめて!今を) (作詞:国分広城 作曲:小林健 編曲:鈴木茂)



Ken Kobayashi / Warm Breeze (1988)

A four-song 8cm single from sizzling city-pop nobleman Ken Kobayashi, released after his 1st and 2nd albums. The first three songs are arranged by Kazuo Otani and the last track by Shigeru Suzuki, and the energetic sound is “hot” rather than “warm”.

M1 opened with an up-tempo speed, the tension was forcibly raised by the staccato brass section that synchronized with the start of the song "Free Road to Step on the Axle for Summer". The radio DJ-style skit insertions and crying guitars accelerate the mood. The disco-tinged, bass-driven M2, with its lilting strings and Latin percussion, begged us to go out into the open summer sky. The scene turns into a city at night, and after a moody and sorrowful heartbreak song M3 that reminds us of the summer that became our memories, the song closes with a balladic summer pop M4 that has the strongest 80s feel.

It's the kind of person you'd think would shine with a boogie or techno-pop angle... but on this single, the synthesizers are muted and the faint reverb of the late 80s is subdued, and if you were to say late 70s/early 80s, you'd be forgiven for believing it (it's reminiscent of Kazuo Otani's work on the soundtrack of the drama "Detective Story"). It's a far cry from the so-called "just-fit" for today's ears, and it may lack the fresh urbanity glimpsed on the album side. However, from the original city-pop perspective, it's right in the middle of the strike zone, and all the songs are of high quality. It would be fair to say that the myth of Ken Kobayashi is not clouded in one way or another.
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.