FC2ブログ

記事一覧

佐々木望/バビロン(1991)

Nozomu Zazaki

 大物声優。1986年にアニメ『ドテラマン』の短鬼役でデビュー、以降「幽☆遊☆白書』の浦飯幽助役、『キャプテン翼J』大空翼役などを始めとして、数々のヒットアニメにおいて大役を果たしてきた佐々木望。その人気は相当なもので、『鎧伝サムライトルーパー』の主演男性声優5人で結成した音楽ユニット「NG5」はアニメ界以外からも注目を集めるなどした。歌手としてのCDも数多く、89年から90年代を通して2枚のシングル、6枚のアルバム、2枚のミニ・アルバム、2枚のベスト・アルバム、1枚のライブ・アルバムをリリースしており、人気のほどが伺える。
 これは1992年1月リリースの通算三枚目のアルバム(ミニ・アルバムとしては初)。ネオンライトの向こう側で佇むペイルブルーなジャケットだけで期待が高まるというものだ(ブックレットは様々にポーズを決める佐々木のポートレイトをフィーチャーしたカレンダー仕様となっており、この点も高得点)。プロデュースは佐々木自身がクレジットされているが(一部作曲も担当している)、ここでの立役者はなにより編曲陣だろう。特にPazzの西脇辰弥が担当した疾走感満天のエレクトロ・ファンクの③、角松敏生マナーのドシャバシャ・シティポップの⑤は相当に素晴らしい。また、都志見隆が作曲を、山川恵津子が編曲を担当した歌謡ファンク④もなかなかだ。サウンドを決定づけているのはやはりシンセの硬くクリスタルな音色で、リズムも全て打ち込みとなっている。他演奏陣は各編曲者に加えて、芳野藤丸(ギター)、土方隆行(ギター)、梶原順(ギター)、EVE(コーラス)などを迎えており、クオリティも一級品。このような高品位に支えられる佐々木のヴォーカルは、決して技巧的というわけでなくかなり素朴なものなのだが、非歌手のいわゆる「ソングライターボイズ」的なものが好きな私のような人間にとってはむしろ心地よく響くのだった。
 しかし、この時代のユーメックス制作の「FUTURELAND」レーベルには好作品が非常に多いように思う。いわゆる「声優レアグルーヴ」カルチャーへ言及する際において、こうしたレーベルごとの傾向にフォーカスする語り方は今後さらに増えていきそうな予感もする。
 ちなみに、かねてより読書や語学などを趣味としていた佐々木は、その後の2013年に東京大学文科一類へ一般前期試験で合格し、休学期間を挟みながらも2020年に法学部を卒業している。昨今は「佐々木望の東大Days 〜声優・佐々木望が東京大学で学んだ日々〜」というブログを更新しており、「インテリ大御所声優」という興味深いキャラクターを形成している。(柴崎)

1.BABYLON 〜the Tower of Babel〜(作詞:佐々木望 作編曲:宗像仁志)
2.バックシート・ロマンス(作詞:及川眠子 作編曲:宗像仁志)
3.Back Stageで踊らせて 〜the other side of “BE MY TABU”(作詞作曲:佐々木望 編曲:西脇辰弥)
4.600(Six oh oh)(作詞:真名杏樹 作曲:都志見隆 編曲:山川恵津子)
5.サヨナラの足音(作詞:及川眠子 作編曲:西脇辰弥)
6.BE MY TABU(DEPTH CHANGE MIX)(作詞:真名杏樹 作曲:都志見隆 編曲:CHOKKAKU)



Nozomu Sasaki, a major voice actor, made his debut in 1986 playing the role of a short demon in the anime "DETERAMAN", and has since played major roles in a number of hit anime, including the role of Urai Yusuke in "Yu Yu Hakusho" and the role of Okora Tsubasa in "Captain Tsubasa J". Its popularity was so great that the music unit "NG5," formed by the five male voice actors starring in "Armor Den Samurai Trooper," attracted attention from outside the anime world. He has also released a number of CDs as a singer, including two singles, six albums, two mini-albums, two best albums, and one live album from 1989 through the 1990s, which shows how popular he is.
 This was his third album (first mini-album) released in January 1992. The pale blue jacket, standing across from the neon lights, is the first thing that raises expectations (the booklet is a calendar version featuring various portraits of Sasaki in various poses, which also gets high marks). Although Sasaki himself is credited as the producer (he also wrote some of the music), the key players here are the arrangement team. In particular, Pazz's Tatsuya Nishiwaki's driving electro-funk (3) and Toshio Kadomatsu Manor's splashy city-pop (5) are absolutely amazing. (4),composed by Takashi Miyoshi and arranged by Etsuko Yamakawa, is also quite good. The sound is defined by the hard, crystalline tone of the synths, and the rhythms are all programed in. The other performers include Fujimaru Yoshino (guitar), Takayuki Hijikata (guitar), Jun Kajiwara (guitar) and EVE (chorus), in addition to each arranger, and the quality is top-notch. Sasaki's vocals, supported by such high quality, are not technical but rather simple, but for someone like me, who likes the so-called "songwriter boys" of non-singers, they sound rather comfortable.
 However, there seems to be a lot of good work on the "FUTURELAND" label produced by Yumex in this era. When referring to so-called "voice actor rare groove" culture, I have a hunch that this kind of focus on label trends will increase even more in the future.
 Incidentally, Sasaki, whose hobbies include reading and languages, passed the first semester exam for the University of Tokyo's first class liberal arts program in 2013, and while taking a leave of absence, he graduated from the law school in 2020. Recently he has been updating his blog "Nozomu Sasaki's Todai Days - Voice Actor Nozomu Sasaki studied at the University of Tokyo -" and has formed an interesting character as an "intellectual voice actor". (Shibasaki)
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.