FC2ブログ

記事一覧

古川真一/Sketch of Mind(1986)

Shinichi Furukawa20200329


 MANISHやREV、ZARDなど、ビーイング系アーティストのバック・コーラスを務めたヴォーカリスト/シンガー・ソングライターによる(おそらく)唯一のアルバム(プロデュースは長戸大幸)。翌年にリリースしたEP「クールロマンティック」が一部マニアの間でライトメロウ・クラシックとして知られているが、こちらのアルバムにもシティポップとして理解可能な曲が数多く含まれている。
 声質的に、まず思い起こすのは小田和正であり、本人のコンポーズ・センスもかなり後期オフコース感がある湿性のものなのだが、編曲(by本人&入江純)と演奏の妙によって独特の浮遊感を獲得している。演奏に於いては島健のシンセサイザーが重要な役割を果たしており、全体に漂うジャケット・イメージ通りの淡い清涼感を醸している。他、渡部直樹(ベース)、北島健二(ギター)、土方隆行(ギター)といったビーイング周辺のミュージシャンを始めとして、ジェイク・H・コンセプション(サックス)、岡本敦男(ドラム)、美久月千晴(ベース)、吉川忠英(アコースティック・ギター)といった「いつもの」人たちが参加しており、演奏クオリティも相当に高い。
 ドゥービー・ブラザーズ〜ヴェイパー・トレイルズ系のウェストコースト風AORポップ②、④、⑩、島健のシンベ打ち込みがとジェイク・H・コンセプションのエロ爽やかなサックスが冴えるバラード⑤、軽やか極まりないミディアム・シティポップ⑥など聴きものは多いが、なんといっても素晴らしいのが⑨。古川本人によるホーリーな多重コーラスを導入としてモロに「ライド・オン・タイム」的な展開へ突入する曲想の素直さ。亜蘭知子による「ザ・80'sラグジュアリー」な何も言っていない歌詞(褒めてます)は、あまりにアーバンすぎて古川のナイーブな歌声とやや乖離しているようにも感じるが、青年によるいじましい背伸び感をしっとりと漂わせることになっており、胸を締め付ける。曲名も最高。
 それにしてもこのジャケットは完璧だと思う。スタイリング、小道具、写真の構図、カラコレ、文字のレイアウト、フォント……。アートワーク・スタッフのクレジットを調べてみたが、どうやら無名の方々のようだ。たまらなく86年的であり、同時に、いいようもなく2020年的である。

1.新しい朝のために(作詞作曲編曲:古川真一)
2.Shining Days (おだやかな季節)(作詞:亜蘭知子 作曲:古川真一 編曲:入江純)
3.Lady-Lady-Lady(作詞:亜蘭知子 作曲:古川真一 編曲:入江純)
4.KO・YO・I(作詞作曲編曲:古川真一)
5.I'll Be there(作詞:亜蘭知子 作編曲:古川真一)
6.午後のカフェエリア(作詞:亜蘭知子 作編曲:古川真一)
7.Sketch of Mind(作詞作曲編曲:古川真一)
8.夏の終りに(作詞作曲編曲:古川真一)
9.甘いエスケイプ(作詞:亜蘭知子 作編曲:古川真一)
10.君へ…(作詞作曲:古川真一 編曲:入江純)




Shuichi Furukawa/Sketch of Mind (1986)

 This is (probably) the only album by a vocalist/singer/songwriter (produced by Daikoh Nagato) who has played the backing chorus for being artists such as MANISH, REV and ZARD. The following year's EP, Cool Romantic, is known to some enthusiasts as a light mellow classic, but this album also contains a number of songs that could be understood as city pop.
In terms of voice quality, it's Kazumasa Oda who comes to mind first, and his sense of composure is a wet one, with a late-stage off-course feel, but the arrangement (by himself and Jun Irie) and the performance are clever enough to give it a unique floating feel. Ken Shima's synthesizer plays an important role in the performance, creating a pale, refreshing feeling, just as the jacket image suggests. Other "usual" people such as Naoki Watanabe (bass), Kenji Kitajima (guitar), Takayuki Hijikata (guitar), Jake H. Conception (sax), Atsuo Okamoto (drums), Chiharu Mikuzuki (bass), and ChueiYoshikawa (acoustic guitar), as well as other musicians from the Being area, and the quality of the performance is quite high.
 The Doobie Brothers - Vapor Trails' West Coast-style AOR pop (2), (4), (10), a ballad (5) with Ken Shima's synth bass and Jake H. Conception's erotic and refreshing saxophone, and a light and refreshing medium city pop (6). A holy multiple chorus by Furukawa himself is introduced, and the song is straightforwardly conceived as a "ride on time" kind of development. Tomoko Aran's "The 80's Luxury" blank lyrics (I'm complimenting her) feel so urbane that they diverge slightly from Furukawa's naïve voice, but they're languidly oozing with a sense of teasing stature by the young man, and it's heart-wrenching. The song titles are great.
 Nevertheless, I think this jacket is perfect. Styling, props, photo composition, color correction, text layout, fonts.... I looked up the credits for the artwork staff, but apparently they are unnamed. It's irresistibly 1986, and at the same time, it's irresistibly 2020.
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.