FC2ブログ

記事一覧

劉哲志/MOMENT(2004)

ryutetsushimoment

線路上に佇む不機嫌そうな表情の中年男、どことなくスタイル・カウンシルを思わせるディープブルーな色使いが印象的なジャケットデザイン。先日、レコファン渋谷店の100円コーナーでこのCDを発見、一瞬で購入を決定した(10枚以上買ったので半額になり、なんと50円でゲット!!)。

微妙な表情を浮かべる男の名は劉哲志。1970年代に愛奴(浜田省吾が在籍していたことで有名なプレ・シティポップバンド)に参加し、バンド解散後はアイドルへの楽曲提供等、主に裏方として活躍していた。そんな彼が2000年代に入り何故かソロアーティストとして自主レーベルからリリースを開始。本作は1st『legato ~夢の途中の君と僕へ~』に続いてリリースされた2ndアルバムである。

とにかく激ヤバなのが③「REFRAIN ~あの日の少年がここにいる~」。なんとこの曲、頭からケツまでモロにジャミロクワイの名曲「Virtual Insanity」なメロウファンク。原曲のリリースから8年後というなんとも微妙なタイミングも気になるが、少しチープなジャミロクワイ風サウンドと朴訥とした印象のヴォーカルのコンビネーションが生み出すグルーヴは代替不可能な存在感。同時期にジャミロクワイのパロディのようなスタイルで注目を集めたjamzvillageと並べて聴くと、この曲の異形ぶりを理解できると思う。

③だけでも一聴の価値アリのアルバムだが、冒頭を飾る①「Crazy Love」もなかなかの聴き物。自主盤らしい軽さはあるものの、正統派のスウィートソウルで劉のシンガーとしての力量を存分に味わうことができる。サビにぶち込まれる切ないメロディはクレイジーケンバンドのバラード系楽曲が好きな人なら絶対ヒットするはず。

全6曲中、2曲も良い曲が入っている本作はかなりのアタリ盤と言っていいだろう。500円以下で見かけたら是非手に取っていただきたい一枚(一応、1stと3rdもチェックしてみましたが、③のようなBOMBは入ってなかったです)。 (F氏)

① Crazy Love
② MOMENT
③ REFRAIN ~あの日の少年がここにいる~
④ 僕のエナジー  
⑤ Under the sky  
⑥ MOMENT ~エピローグ~

ALL SONG WRITTEN BY RYU TETSUSHI & NOAH

ARRANGEMENT BY TAKANORI YANAGISAKO & RYU TETSUSHI (M-3,4) RITTO MIURA & RYU TETSUSHI (M-5) SATORU OSANAI (M-1,2)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.