FC2ブログ

記事一覧

V.A./V.I.C.B.Ⅲ・TOKYO ROSE vol.1(1998)

20191214194459420.jpeg
20191214194439e72.jpeg

ボーカルスクールを経営していたUMCプロモーション(現在のUSボーカル教室)から出たコンピレーションアルバム。二枚一組になっており、ジャケも題名もそれぞれ違う。UMCプロモーションに所属するアーティストたちの作品集だと思われるが、『V.I.C.B.Ⅲ』と『TOKYO ROSE vol.1』で何の違いがあるかは分からない。恐らくだが、前者に収録されているアーティストはボーカルスクールのスタッフに近い立場の人(こっちに参加している木島康晃はボーカルスクールのインストラクターをしていた)で、後者はスクールの生徒の卒業記念アルバムのようなものだと思われる。アレンジャーには長池秀明や高橋一之らの名前が確認できる。

・『V.I.C.B.Ⅲ』
生音主体のかなりしっかりとした音作りが印象的で、良質な楽曲が並ぶ。というか一曲目の「EMS#1」からして完全にシティポップ。妹の恋を心配する兄とそんな兄を疎んじる妹の歌であり、妹と兄、両方の視点(つまりデュエット)から曲が進む。王道のAORバラードM3「BLUE」、都会の蒼い風に包まれるM4「Cool the Night」も申し分なし。一番の目玉はM10「step step step」で快哉を叫びたくなるほどのファンクチューン。こちらで歌っている小菅良輔や木島康晃、内藤光貴らは現在でも音楽に関わっているのが確認できた。因みに『Ⅳ』も存在するがサウンドがハードになり、『Ⅲ』とは色が異なる作りである。

・『TOKYO ROSE vol.1』
内容的には『V.I.C.B.Ⅲ』と比べると少し雑多な印象を受ける。でも一曲目の「FMF(Feel My Funk)」で早速打ち込みファンクを披露するのだから恐れ入る。デジタルR&BなM2「月影の垢」、美メロボッサM3「Free Fish」、大貫妙子系列に属するアンニュイボイスの持ち主・鬼頭優佳(『基本的信頼』なるコンピアルバムに参加しているのが確認できた)によるM10「de・ja・vu」あたりが美味しい。長池秀明の素晴らしい手腕を堪能できる。vol.3の存在が判明している。



追記 
 『V.I.C.B.』の『1』と『2』は果たして存在するのか、という疑問が最近になってようやく解決した。結論から言うと、ちゃんと存在する。ただし、『V.I.C.B.』で検索しても一向にヒットしない。それもそのはずで『1』と『2』に関してはV.I.C.B.では無く、「Vocal Instructors Club Band」(ボーカルインストラクターズクラブバンド)名義で出しているからである。そもそもこの『V.I.C.B.』が「ボーカルインストラクターズクラブバンド」の略称なのだ。実際、『ボーカルインストラクターズクラブバンド Vol.2』の盤面にはデカデカとV.I.C.Bと書いてある。

E945DB9C-3CD5-4487-B30E-1C8495097A91.jpeg

こうして『1』から『4』までちゃんと存在することが分かったが、もしかしたらそれ以降もあるのかもしれない。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.