FC2ブログ

記事一覧

RAZZ MA TAZZ/Ordinary Story(1994)

4.jpg

「ポスト・ミスチル」とも呼ばれたバンドの1stアルバムで、確かにボーカルの阿久延博の声の張り方・フレーズ処理は桜井和寿か? というような印象を受け、内容も罪のないポップスといった体である。帯には「POP KISS はじけて、 POP SONG パレードはじまる。」の文字が踊る。
本作の楽曲は作詞作曲ともにRAZZ MA TAZZ名義、編曲はメンバー及び佐久間正英によるもの。プロデュースも佐久間正英が手がけており、荒削りなバンドの意図を個性を殺さない程度に刈り込んでおり、今でも何とか聴けるポップ・ロックに着地させている。
というわけで基本的にポップスの枠を出ない本作だが、M7の表題曲「Ordinary Story」に関してはライトメロウの耳で聴けばライトメロウに聴こえるのではないかな…という出来。バウンス気味のドラム、あくまでポップスマナーに沿ったピーキーなオルガン…などなど。また、M3「Silent Blue」も中々スムースで、耳障りの良いファンクサウンドに仕上がっている。他の収録曲はというと、「Sentimental Soda」「Kiss in the rain」「Love Holic」など魅惑的なタイトルが並ぶが、シティポップではなかった……
なお、バンド本体は長らく活動停止していたが、2019年初頭から阿久を中心に「RAZZ MA TAZZ」として再び始動したようである。

01.Sentimental Soda
02.Bye-by April Afternoon
03.Silent Blue
04.Private Eyes
05.Kiss in the rain
06.Love Holic
07.Ordinary Story
08.モノクローム・サンセット
09.僕らのシークエンス
10.Lesson
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.