FC2ブログ

記事一覧

安藤治彦/Call it Love(1991)

20180513232706ea1.jpeg


1990年デビュー、福島県出身でハスキーボイスが持ち味のシンガーの2ndアルバム。大江千里のサイドマンであったことと、wikipediaの少ない情報以外の詳細がわからない。いかにもバブル臭くカッコつけたジャケットに惹かれて購入したが、バックを固めるのは青山純や伊藤広規などの実力者が揃う。1曲目からニュージャックスイング風で、そちらに寄せたアルバムかと思えば、全体的には歌謡曲寄りの曲が多数を占めている。しかし4.RomanceとBalanceはスモーキーな声に魅せられるミディアムソウル。この曲が今作のハイライトだろう。(台)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント