FC2ブログ

記事一覧

安藤治彦/Call it Love(1991)

20180513232706ea1.jpeg


1990年デビュー、福島県出身でハスキーボイスが持ち味のシンガーの2ndアルバム。大江千里のサイドマンであったことと、wikipediaの少ない情報以外の詳細がわからない。いかにもバブル臭くカッコつけたジャケットに惹かれて購入したが、バックを固めるのは青山純や伊藤広規などの実力者が揃う。1曲目からニュージャックスイング風で、そちらに寄せたアルバムかと思えば、全体的には歌謡曲寄りの曲が多数を占めている。しかし4.RomanceとBalanceはスモーキーな声に魅せられるミディアムソウル。この曲が今作のハイライトだろう。(台)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.