FC2ブログ

記事一覧

OST/静かなるドン(1993)

「君はいずれやくざになるだろう」時折、頭をかすめるフックが効いたこのフレーズはfeather shuttles foreverのジュースという曲から。確かに我々にも静かなるドンの主人公・近藤静也の様に「普段は冴えないサラリーマン、その実は広域暴力団の一人息子」という側面があるかもしれない。実生活において音楽の趣味をオープンにしていないが、退勤のタイムカードを切ればブックオフ等で世間的に"やくざ"なシティポップのCDを漁ってい...

続きを読む

イメージ・アルバム/クジラの海 Living Whales(1991)

音楽を聴いていく中で、自身の未知なるジャンルへの乗り継ぎを手助けしてくれる、そんなハブのような存在のアーティストがあなたにもいるのではないだろうか。例えばそれが、黒住憲五の"BOXING DAY"や亜蘭知子の"神経衰弱"から清水靖晃、マライアへの経由だったり、崎谷健次郎や鳥山雄司から西村由紀江"Lyrisme"への接続だったり。日本のロック・ポップス界では細野晴臣がその最たる一人の様に思えるが、はっぴいえんど、ティン・...

続きを読む

lightmellowbuについて(lightmellowbu紙Vol.3-bullion-より)

lightmellowbuについて lightmellowbu(lightmellow部,通称”bu”)は2018年5月に発足した、これまで日本で醸成されてきたポップス観を転覆させるため、”シティポップ・パルチザン”をモットーに、主にブックオフを主戦場として日本のポップス、いわゆる和モノのdig活動を日々行っている全国に散らばる同志たちによる集いです。 70〜80年代を中心としてAORやシティポップなどと呼称され、国内外に限らず当時盛んに制作され人口に膾炙...

続きを読む

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.