FC2ブログ

記事一覧

設楽りさ子/prisme(1992)

80年代後半にファッションモデルとして活躍した設楽りさ子(現在は三浦りさ子、あの三浦知良の奥さんである)は、ウィキぺディアではスルーされているが、実は何枚かアルバムを残している。この『prisme』は三枚目のアルバムで、コンポーザーとして、杉真理、鈴木康博、佐藤健、山口美央子、岩田雅之、岸正之、そして平間あきひこが参加している。アレンジャーには、椎名和夫、井上鑑、萩田光男、西平彰が名を連ねている。かなり豪華...

続きを読む

ボーイミーツガール/ボーイミーツガール(1988)

1988年作の謎盤。トラック自体は全体的にアーバンでカッティングギターなどかなり良いのですが歌唱というより男女のポエトリーリーディング的な内容だったのでおいお前...となりました。最後にM3の歌無しverが収録されていたので名盤。...

続きを読む

かわいさとみ/TYPE=B(1988)

グラビアアイドル、AV女優としても活躍したかわいさとみのCD。コンセプチュアルで、歌詞(「パパ見ちゃった シューシュー見ちゃった」)やコーラスワークなどシャルロット・ゲンズブールの1stを意識していると思われる。"ロリータ・ゴー・ホーム"のカバーも80年代後半のアイドルらしさがあり珍名盤。...

続きを読む

かとうれいこ/itch(1995)

鈴木智文をプロデュースに迎え、サエキけんぞう・高浪敬太郎など豪華メンツを従えた一枚。2曲め”夜はやさし”がド名曲なので名盤です。他の楽曲もカッティングやオルガン、ブラスが気持ちよく佳曲揃い。かとうれいこのサラッと歌う感じも女優の歌うシティポップスらしくて好感度大。...

続きを読む

大石恵/恋人(1999)

ミニアルバム。2曲めの"Be my baby"がシティポップとJ-POPの間を彷徨うようなキャッチーな名曲なので名盤です。1曲めのテクノポップをJ-POPで砕いた感じ、3曲めもどこか渋谷系ぽいボサノヴァ(?)感があり絶妙。全体的におセンチなアルバム、捨て曲無しの名盤です。...

続きを読む

Catherine Catherine/enfants terrible~恐るべき子供達~(1998)

ヌードモデル・三浦絢音の変名。淑やかな憂いを感じさせるウィスパーボイス、たまらない。一曲めから近親相姦めいた歌詞に爽やかなカッティングが印象的なシティポップ。中島みゆき”笑わせるじゃないか”のカバーも絶品。名盤。音源配布したい。...

続きを読む

松雪泰子/pray(1995)

小西康陽提供曲に気を取られてしまうが、柿原朱音・杉真理などの曲が存在感大。小西康晴曲は可もなく不可もなく、やる気のない小西曲。3.流れるようなサックスが気持ちいい。5.柿原朱音のどこかエキゾチックでグルーヴィな曲が刺さる。とはいえ、決定打にかけるので好盤と言ったところ...

続きを読む

SATELLITE LOVERS/MUSIC(1994)

何回もブックオフで見かける度に「見たら転載しないと〇日以内に死ぬ」系の呪いの画像みたいなジャケットなので触ったらすぐ元に戻していた。結果、滅茶苦茶良いアルバムなんだけど普通絶対買わないから恐いジャケットは止めてほしいよ。いわゆる渋谷系のバンドだという事はすぐ判明して、バンド名で調べてウィキペディア出て来るんだから結構メジャーなバンドなのかもしれない。ディープソウル、ファンクといった音楽性を持ちつつ...

続きを読む

浜本沙良/トゥルース・オブ・ライズ(1995)

「マイルドな心地よさと、ソリッドなグルーヴ感溢れる 浜本沙良洗練の2ndアルバム」 モデル・歌手の浜本沙良(後にsarahに改名)の2ndアルバム。シティポップ的だが少し冗長な印象を受ける1st『Puff』より洗練度合いを強めることによって、キリリと引き締まり、前作の難点を克服。まさに上記の帯文に偽りなしの90年代シティポップの良盤となった。 肝心のコンポーザーだが、10曲中8曲を羽場仁志が担当しているので何の心配もいらな...

続きを読む

豊嶋真千子/STEEPLE ANGEL〜とんがり天使〜(1998)

豊嶋真千子/STEEPLE ANGEL〜とんがり天使〜豊嶋真千子の1998年に発表した1stアルバム「STEEPLE ANGEL〜とんがり天使〜」を名盤と言っていいのか、それとも声優が発表した企画アルバムとして一過性で忘れられていくものと捉えられるかは分からない、というか世間的な評価はこの作品に対して全く聞いた事が無いので、正面きって「名盤である!」とは言い難いが、それでもここに収録された数曲は奇跡のポップに到達してしまっていると...

続きを読む

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフでゴミみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5