FC2ブログ

記事一覧

芍薬/芍薬 SHAKUYAKU(1993)

(帯)東洋の国、NIPPONから超ポップなグループが出現!ポニーキャニオンから94年リリース。バイオリンの下岡千香と木村道代、コントラバス・シンベ小林史江、キーボード・シンセ関係の黒田亜樹から成る4人組。芍薬トリオと同じくクラシック出身者のポップス企画アルバムだけれど、両者はメンバーもレコード会社も異なっていてまったく関係が無い。ちなみに芍薬トリオよりもこちらのほうが和テイスト強し。CDがリリースされたときに...

続きを読む

三原善隆/NIGHT RIDER(1993)

北海道出身、コンポーザー、アレンジャーとしても活動するエレクトーン・キーボード奏者のデビューアルバム。ヤマハ音楽振興会との教則タイアップアルバムでもあり、表題曲、夜のハイウェイを疾走するどフュージョンM1.NIGHT RIDERは現在でも多くの人に演奏されるエレクトーン・アンセム。M2.Memory of Summerは黄昏ゆく夏を見送るソフト&メロウなインストAOR。帆に目一杯風を受け波間を進むヨットをイメージした爽やかなテクノロ...

続きを読む

笠原弘子/さよならをくれたのは(1994)

声優。アニメのみならず、ガール・アイドルポップス界でも欠かす事のできない楽曲派シンガー。彼女のアルバムで人気度が高い作品で、様々なサウンドを自身が巧く乗りこなしているだけでなく、ハイクオリティかつハイブリッドなプロデュース力には脱帽してしまう。評判の良さもこれを聴けば納得してしまうだろう。キーボード・フルートの音色が心地よいモーニングメロウM2「シネマ・フリーク」、西脇辰弥編曲の心が締め付けられる大...

続きを読む

与野/バンボレオ(1989)

与野。80年代に尼崎勝司(勝士)の名でアルバムをリリースしているギタリスト?、ソングライター、実業家。YouTubeでしか聴いたことないですが、ブリージンなブラジリアン・フュージョンでした。あとYouTubeで尼崎勝士伝説という動画があるのでそれを観れば人柄がなんとなくわかります。与野ってなんなのかというと、埼玉県の与野のことです。与野が好きらしい。以下転載。1980年 キングレコードより「尼崎勝司」としてソロデビュー...

続きを読む

VICKY VEE/Y2K -SAVE THE WORLD-(1999)

公式サイトを見るとゴチャゴチャ書いてあるものの、要するにシンガーソングライター。ヴォーカリスト発掘プロジェクト「VOCALAND2」という角松敏生プロデュースのオムニバスアルバムに参加していた事が縁で、この日本デビューアルバムをプロデュースして貰った様子です。(殆どの曲の作編曲を角松敏生が担当しています。)ニュージャックスウィングやヒップホップの影響も感じ取れるビートの強いブラコン/AORアルバム。旋律やサウ...

続きを読む