FC2ブログ

記事一覧

JAG-TOY/Summer Time Junction(1988)

現在も活動しているソングライター芦沢和則をフロントマンに90年前後に活動していたロックバンド。このアルバム以外にはアニメのOPなどを歌ったシングルが数枚確認できたが情報が少ない。アルバム全般にロックサウンドが占めるが、ブルージーな風合いのある男臭(おとこくさ)哀愁ファンク3.午前2時の運命が渋い良曲。芦沢和則はアニメ『けいおん』のキャラクターイメージソングや近年ではアイドル、フィロソフィーのダンスにも楽曲...

続きを読む

浅井ひろみ/HIMAWARI(1993)

CHAGEを中心としたロックバンドMULTI MAXのメンバーのソロ2ndアルバム。CHAGE and ASKAのCHAGEに見出されチャゲアスのレコーディングにも参加していた。アルバムに関しては、全体にラテンテイストのフュージョンというイメージ。「流れてくテールランプ…」から始まる6.あなたは知らないは曲もそうだが、それよりも歌詩がシティポップ。どこか抜けきらず、湿度の高い彼女の声は8月と言うより6月の蒸し暑さの方が似合う。(台)...

続きを読む

坂井真紀/Smiling(1994)

女優。カラー12Pのフォトブック付きで周囲の熱中ぶりが見て取れる。作家陣は豪華でM4の矢口博康に期待したがコミック調でいまいちです(CMタイアップなのに)。柔らかなM2、バロックポップ調のM5など洗練されたポップスになり得た曲もあるがそこは女優らしい歌唱力で未完成の美を湛えており、結局下世話なM1の後藤次利サウンドを聴いてしまいます。(yamaha)...

続きを読む

ONE STEP COMMUNICATE/ONE STEP COMMUNICATE(1994)

中川顕一、矢野広佳、工藤毅によるJ-AORユニットのデビューミニアルバム。90年代も半ばにさしかかろうかというところに現れた、まさに80年代のアーバン・リゾートを体現したかのような作品。まだこんなアルバムがあったのかという驚きに包まれる。オメガトライブのような爽快なリード曲1.True Paradise、タイトル通り、聴いているだけで日焼けしそうなアーバンブギー5.小さな真夏に口移す(Daylight Mix)など、派手なホーンやスラッ...

続きを読む

高橋ひとみ/Colorful(1991)

女優。EPO系資生堂風歌謡M1「四月わたしに花が咲く」、鳥山雄司節満開の和ブラコンM2「綺麗になりましょREVOLUTION」、ラガメロウM4「転居先不明」、ギターが心地よいノスタルチューンM7「七夕じゃなくていいから」等がオススメ。M1以外は全て鳥山さんが編曲で、春をテーマにした作品に感じた。春フェチは是非。(す)...

続きを読む

KaNNa/Act I(1993)

福岡県出身の元女優・歌手・声優。Youtubeにてシティポップの隠れた名曲というコメントとともにアップロードされていた8.なけなしのハートで、で初めてKaNNaの存在を知ったが、リアル店舗では絶対に手に取ることはないだろうと断言できるアルバムを知ることができるのは現代に生きていて良かったことのひとつ。8.は声優ポップス・ガールポップ的な中庸さに一振りのシティ感。タイムレンジャーOVAに声優として参加していたらしいで...

続きを読む

清水美恵/HANATSUBAKI(1992)

久保田利伸をはじめ、松任谷由実、サザン等様々なバックコーラスに参加するヴォーカリスト。薔薇が飛び散るエレガンスメロウM2「特別な時間」、キーボード奏者である柿崎洋一郎がアレンジ、ボーカル参加している激甘二人ベッドメロウM5「LOVE LIKE A FLOWER」、クールで艶めかしい流れを一瞬で変えたZOO系ブギウギチューンM9「心のDANCEを止めないで」、清水信之アレンジのトワイライトメロウM10「FOR MY DEAR」等、粒揃いの楽曲が...

続きを読む

Agua/Weekend Mermaid(1996)

1995年結成のIKUKO(川島郁子)と伊藤隆博の2人からなるユニットの唯一作。ジャジーな打ち込みポップスが主体だが、この年代にありがちなチープさは感じられず現在の感覚での視聴にも耐え得る楽曲が揃っている隠れた良盤。ヴォーカルをとるIKUKOの舌足らずな歌い方は曲の雰囲気も相まってYUKIのよう。ちなみに川島郁子は和歌山県アドベンチャーワールドのテーマ曲でCM曲『TRUE MY FRIEND』も歌っており、関西の人間なら彼女の歌を一...

続きを読む

小林健/Sizzle(1987)

横浜生まれのシティポップ系シンガーソングライター小林健の2ndアルバム。俳優の小林健ら同姓同名の人が多く、バイオグラフィー等は不明。硬質な打ち込みドラムが気持ち良い4.ボクサー、メカニカルなイントロに引き込まれるテクノロジーポップス7.ショッキング・ブルーナイト、松下誠をフィーチャーしたダンサブルなブギー8.左手のS.O.S・土曜日のフィナーレなどライトメロウ佳曲多数。まさにシズルという感じの瑞々しいジャケット...

続きを読む

森田浩司/ARTY(1990)

90年前後、雨後の筍のようにニョキニョキ出てきていたブラコン・ソウル系シンガーソングライターのデビュー作。大型新人としてかなり期待されていたようですし、ジャケットを見る限り美形だし一部にはそこそこの人気はあったのではないか(CDを100枚以上買ったと言う人もいました)と思われます。鳥山雄司がアレンジを手がけ、全体的にダンサブルでビートの効いた曲が多い。中でも4.NO REACTIONはキャッチーで何度も聴きたくなる引き...

続きを読む

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.