FC2ブログ

記事一覧

Shifo/O・MO・I・DE(2002)

シンガーソングライターであるShifoのミニアルバム。DJ SOMAと春川仁志(Grow Sound)が彼女をサポートした。同じくGrow Soundのサポートを受けたThe Uncoloured の山口寛雄がベースを弾いている。このミニアルバムでとにかくずば抜けているのが②。幸せなブラジリアン・フレーヴァーを振りかけられたこの曲は、サビの彼女のコーラスも高揚感を高める至極の逸品。オレンジペコーの曲だと言われても信じてしまうほどの出来栄えだ。この...

続きを読む

じゅにあソルフェージュ・アンサンブルシリーズ

ヤマハ音楽教室がリリースしている教材CDを紹介します。(Here are some CDs released by Yamaha Music School.)じゅにあソルフェージュ・アンサンブル1(Junior Solfège Ensemble 1)「For フルーツバスケット」等の名曲で知られる岡崎律子のオリジナル曲が収録されています。歌唱は別人のようです。朗らかな教育番組ポップスという曲調です。それ以外は特に何もありません。(The album features original songs by Ritsuko Okazaki,...

続きを読む

Halunillét/ How's it going? (1996)

 Halunillétは小倉あすか(Vocal)、園畑貴之(Keyboards)、木村佳世(Saxophone)の三人からなるユニット。彼らの音楽性はソウル風味のポップスといったところだが、そこに少しばかりの無邪気さと軽薄さが加わる。メンバーの一人である園畑が中心となって作曲を行い、彼と安宅秀紀が編曲を担当した。グルーヴィーでガーリーな楽曲が並ぶ中、頭一つ分抜けた洗練さを見せるのが⑨。イントロの木村のサックスで名曲を予感し、その予...

続きを読む

UNIPEGA/SUPER GIG(1989)

 俳優・渡辺裕之を、余技とは到底言うことができないほどの腕前を持つ達者なドラム奏者としても認知しているという人は、そう多くないだろう。10歳の時にボーイスカウトで太鼓を叩いたのをきっかけとして打楽器に魅了されたというが、中学時代には早くもジャズドラマーとしてクラブで演奏を行っていたというのだから、本物の筋金入りである。さらに高校からはフュージョンに開眼、「サンチエゴ」というバンドに加入しセミプロ的な...

続きを読む

瀬戸朝香 / to Love (1996)

女優の瀬戸朝香の2ndアルバム。 90sシティポップバンド代表格Selfishの大坪直樹、新川博、井上ヨシマサらがアレンジャーとして参加。さらにVOCALANDクルーの吉田朋代がコーラスを担当するなど豪華メンバーが並ぶ。 お馴染みCDジャーナルのミニレビューでは本作について「スタイリッシュでアーティスティックな音世界を作っている」「とても洗練されたヴォーカル作品」と称賛の言葉を並べている(CDジャーナルは女優やアイドルが片...

続きを読む

プロフィール

light mellow部

Author:light mellow部
輝かしい70~80年代の名盤の影で完全にエアポケットと化した90~00年代産シティポップ。ブックオフとかハードオフで9割引きみたいな値段で売られてるCDを執拗に堀漁る重箱の隅みたいなブログです。似たような趣味の人達の集まり共同で書いてます。たまにイベントもやります。名前は、音楽ライターである金澤寿和さんの提唱する「Light Mellow」の概念を拝借しました。
Twitter:@hukihuki5

City pop from the '90s and '00s that has completely become an air pocket in the shadow of the glorious '70s and '80s classics. It's a blog like a corner of the box where I relentlessly dig for CDs that are sold at 90% off at Bookoff or Hard Off. It's a group of people who have similar interests and write together. Occasionally we have events. The name was borrowed from the concept of "Light Mellow" advocated by music writer Toshikazu Kanazawa.